G・Wに向けて海岸清掃を行いました。

いよいよゴールデンウィークも到来ですが
お客様に気持ちよくお過ごし頂くために
今日は松庵のスタッフで海岸清掃を行いました。
打ち上げられたゴミなどきれいにとり
松庵のご馳走のひとつでもある景色も準備万端です。
4月29・30は若干お部屋に空きもございますので
お気軽にお問い合わせ下さいませ。
皆様お気を付けてお越し下さいませ。

春の名残の・・・

桜の季節から新緑の季節へと・・・
桜の名残も綺麗に午後の松庵の一幕を演じております。
これからの季節、爽やかな潮風が岬を渡って
身体にも心地よく感じられます。
この季節ならではの松庵でのひと時をごゆっくりと
お過ごしくださいませ。

日本酒「蒼天伝を愉しむ会」開催

蔵元直送の日本酒と旬のお料理でお楽しみ頂く
松庵で日本酒を愉しむ会 今回は気仙沼の蒼天伝で有名な
男山本店様を迎えて初夏の夕暮れのひとときをお楽しみ頂きます。
日時 7月5日(日) 17:00~19:40
料金お一人様 10,000円(税別)  
<当日のご宿泊は、プラス18,000円(税別)にて承ります。>

送迎 東北本線松島駅より送迎を承っております。
予約制でございますので、ご希望の方はお問合せ下さいませ。
東北本線 行き 仙台駅 16:20発→松島駅 16:44着
      帰り 松島駅 20:12発→仙台駅 20:40着

皆様のご予約並びにご来庵をお待ちしております。

東北歴史博物館にて「医は仁術」特別展開催

4月18日(土)~6月21日(日)まで仙台の多賀城市の東北歴史博物館に於いて
「医は仁術」特別展が開催されます。
日本の医学・医療は世界の最先端と言われていますが、その始まりは江戸時代にありました。 山脇東洋が日本初の人体解剖を行い、その情報により各地で解剖が行われるようになりました。 また1774年、杉田玄白らが翻訳した『解体新書』は、蘭学が急速に日本中に広まるきっかけとなりました。 人々を救うために、正しく人体がどのような構造であるかの解明が、漢方医らも含めて始まったのです。
本展では、当時の希少な解剖図などの史料の他、江戸時代の医療道具等も展示し、中国から来た漢方と西洋から来た蘭方が、 「医は仁術」が実践された日本で、いかに独自に発展して人々を救ってきたかを探ります。
また、最先端医療では、人体の可視化をテーマに3Dプリンターによる臓器モデルなど、日本が世界に誇る技術を紹介します。 77年ぶりに発見された杉田玄白らの直筆掛軸や山脇東洋の『蔵志』原本が初公開となります。
なかなか興味深い展示内容ですので
この機会に是非ともお立ち寄り頂ければと思います。

松島こうれん ~ササニシキを使った松島の伝統銘菓~

松庵のご朝食では松島の銘菓「こうれん」を実際に炙って
お召し上がり頂いております。こうれんとは
嘉暦二年(1327年)以来680余年、松島の紅蓮尼が参拝の人々が
お供えした米を粉にして煎餅を焼き、村の人々に施したと言われており
一子相伝にて23代に渡りその製法を伝え続けて参りました。
ササニシキを原料に一枚一枚心を込めて手焼きにて焼き上げた、無添加の銘菓で御座います。
現在では日本三景松島の名物として広く皆様に親しまれております。
お茶請けとしてもお子様からお年寄りまで幅広く好まれているこうれんは
松庵の売店でも購入できますのでお気軽にお立ち寄り下さいませ。

みちのく伊達政宗歴史館「松島トリックアート特別展」

みちのく伊達政宗歴史館 「松島トリックアート特別展」
(平成27年4月16日~平成28年4月15日)
見て!撮って!触って!楽しめる!トリックアートが松島に初お目見えしました。
伊達政宗歴史館とのお得な2館共通券もあります。
大人も子供も楽しめる展示内容でございますので
この春のご予定のひとつにお加え頂ければ幸いです。
ちなみに写真のびっくり顔は松庵のM歩です。(笑)

お祝いのご利用有難うございます。

春になり松庵でもたくさんのお客様からお祝いの
ご利用を頂いております。
ご両家の顔合わせやご両親やお子様、お孫さんの
年祝いなど皆様の幸せなお顔を拝見できてスタッフも
幸せのお裾分けを頂いております。
色々な想いをお聞かせ頂いて楽しい一日になりますように
私達松庵スタッフも努めさせて頂きますので各種ご要望など
ご遠慮なくお申し付け下さいませ。
皆様のご多幸を心よりお祈り申し上げます。