松島流灯会 海の盆

松島流灯会 海の盆が今年も8月15,16日と2日間、開催されます。海の盆は、松島の新しい夏祭り。
みんなで楽しみながら作る手作りのお祭りです。霊場としての供養を大事にしながら、夏祭りの賑やかさを楽しむ。大人も子供も自然に笑顔になるような、なつかしくて新しいお祭りです。
今年も宮城、松島で皆様のお帰りをお待ちしております。
詳しくはこちらから http://uminobon.jp

プランターの野菜達も元気に・・・

松庵の玄関先にI氏が丹精込めて作っている
野菜のプランターが元気に実をつけています。
ピーマンや獅子唐、茄子など食べてももちろん
美味しい食材ですが実がなる前に小さな可憐な
花をいつも楽しみにしています。
今朝の松庵の朝食でもこの野菜たちがふるまわれて
いたかも知れません。

夏の茶花 ムクゲ(槿)も満開です。

今年もムクゲ(槿)が松庵の庭先に涼やかで優しい大輪の花を咲かせています。
岬への入り口でまるでお客様をお迎えしているようです。
白い大きな花びらが夏の装いを一層醸し出してくれます。
他にも岬へ続く遊歩道にはこの時期沢山の野草が小さな花を咲かせています。
今年も本格的な夏の始まりです。

浦霞大吟醸ブラックラベル

浦霞大吟醸ブラックラベルは
エクストラ大吟醸の原酒を使用した
ほどよく熟した旨みとおだやかな吟醸香の一品です。
ゆったりとした旨みは熟成からくる
上品な香りと密度間のある米の旨みはたまりません。
ほんのりと果実のような味わいはワイングラスでお召し上がり
頂くのをおすすめ致します。

仙台七夕が8月6日から開催されます。

仙台七夕は、古くは藩祖伊達政宗公の時代から続く伝統行事として受け継がれ、 今日では日本古来の星祭りの優雅さと飾りの豪華絢爛さを併せ持つお祭りとして全国に名を馳せております。
七夕まつりは本来、旧暦7月7日の行事として全国各地に広まっていました。 仙台七夕まつりでは、その季節感に合わせるため、新暦に1ヵ月を足した暦である中暦を用い、現在の8月6日から8日に開催されています。
期間中は、仙台市内中心部および周辺商店街をはじめ、 街中が色鮮やかな七夕飾りで埋め尽くされ、毎年200万人を超える多くの観光客にお越しいただいております。
仙石線も全線開通し益々魅力たっぷりな宮城、松島でお待ちしております。

お部屋には涼しげにうちわを用意しています。

松庵の客室にも夏のこの季節は
うちわを用意しております。
お部屋から窓を開けると心地よい風が
入りクーラーを使わなくても心地よく
お過ごし頂けます。すだれやよしず、
朝晩は打ち水と日本人の夏の暮らしに
寄り添う叙情を感じられるのが旅館の良さでもありますね。

畑の宝石 【レッドカーランツ】の料理勉強会にて

皆さん、このキラリと光る鮮やかな赤い実をご存じでしょうか。
扇状に枝がたわむ程に、びっしりと鈴生りに生っているのは、小果樹類の仲間レッドカーランツです。まるで宝石のような透明感に思わず目を奪われてしまいました。ヨーロッパ原産の小果樹で、和名は赤フサスグリ。ヨーロッパでは肉料理に合わせるソース、ジャム等としても使われる身近な果実ですが、日本での認知度はまだ決して高いとは言えません。国内の市場で出回っているほとんどが輸入品ですが、近年、国内での需要も高まってきています。レッドカーランツは寒冷な気候を好むため、東北地方での栽培に適しており、県内では特に注目されている食材です。
松庵の秋田料理長も今回勉強会に参加させて頂き 初めてレッドカーランツを料理に取り入れてみて
発色の良いレッドカーランツは、日本料理に新たな彩りを添える食材となりそうです。
現在開発中であるレッドカーランツ(すぐり)を使った調味料は、醤油、味噌、ドレッシングの3種類。今後もそれらを使用したお料理を紹介をしていければと思います。

詳しくはこちら

・食材王国みやぎ地産地消推進店ブログ「みやぎ食彩プログレス」

http://suisinten-miyagi.blogspot.jp/

 

テラスにはハーブがそよそよと・・・

松庵内さろんくらのテラスにはラベンダーや
ローズマリーなどハーブを植えております。
涼しげな風と一緒にそよぐ姿は海を望む景色と
よく合います。岬へ続く遊歩道にもこの時期ならではの
野草も小さなお花をつけてお客様を楽しませてくれています。

夏の鮑の美味しい時期になりました。

夏のこの時期が一番美味しいと評判の鮑をお召し上がり頂きます。

鮑を存分にお楽しみ頂けるプランも好評承り中です。
調理長特製の鮑の肝を使ったソースで頂くステーキと
コリコリとした食感と甘みが磯の香りを感じさせるお造りの
贅沢二種をお料理に組み込みました。

この時期ならでの旬の食材で皆様のお越しを心より
お待ち申し上げております。